コラム『カナダに暮らす。カナダを楽しむ。』

第13回
貧血につき、ノバスコシアオーガニックスにヘルプ!

こんにちは。

2021年が始まってすでにだいぶ経ってしまいましたが、今年最初のコラム更新です。去年に引き続き、閉塞的な生活を余儀なくされる日々ではありますが、少しでも明るい気持ちになれるようなカナダ情報をお届けしたいと思います。

さて、ここカナダ・ケベック州では、2月に入り、新型コロナウィルスの感染者数もわずかに落ち着いてきたため、一般の商店営業や、美術館や図書館、映画館も再開されるなど、一部、規制が緩和されました。でもモントリオールではあいかわらず、飲食店はテイクアウト除き営業不可、屋内や自宅敷地内での会合も禁じられたままです。また、年明けに発令された外出禁止令も続いていて、多くの人々にとって不便な日々が続いています。

そうでなくとも、寒さが厳しく雪の多い冬のモントリオールの暮らしは、慣れない者にとっては厄介。

自宅の庭も、雪が積もると景色が様変わり
▲自宅の庭も、雪が積もると景色が様変わりします。家の中から眺める分にはきれいなんだけど、寒い!!

3歳と1歳半の子どものいる我が家では、いかにストレスを溜めずに冬を過ごせるかが課題です。通常は、冬ならではの屋内で楽しむアクティビティも多いのですが、この冬はコロナで閉鎖されています。となると寒さに負けず、外で元気いっぱいに遊ぶしかないですね。
パパ&ママ、がんばれ〜!

モントリオールの冬の定番、そり遊び

そういうわけで今年は、雪を楽しむべく、親子でそり遊びデビューしました。

親子でそり遊びデビュー
▲友達と遊ぶ時もやっぱりそりがあると楽しい。雪道でのベビーカーは不便なので、モントリオールでは、買い物や保育園など近所の移動にも、そりに乗った子どもたちをよく見かけます。

モントリオールには、小高い山がある公園がいくつもあり、冬には雪山となります。そこに、多くのモントリオーラーたちがそり持参でやってきます。自宅から一番近い雪山は、けっこうな高さで迫力がありますが、それでも小さい子たちも器用に滑る、滑る!

でもまだ滑り終わった子がふもとに転がっているのに、次の滑走者がスタートしようとしていたり、勢いよく滑ってくるそりを見て、歩行者がつるりとした氷上を慌てて駆け出したり、さらには、木に衝突しそうになる子もいたり…ハラハラする場面も少なくありません。

いつも遊んでいた芝生の小高い山もゲレンデのよう
▲いつも遊んでいた芝生の小高い山もゲレンデのようになって、他の季節とは違う場所みたい。

でも我が家の子どもたちには、雪遊びベテランのカナダ人パパがいるので、それなりに安心して見ていられます。

見ている…そう、ママは雪山のふもとで見ているだけ!私は怖くて、子ども2人を乗せて上手に滑り切る自信がありません。滑っている3人は、遊び疲れて、夜ぐっすり寝てくれてうれしいのですが、車で公園に向かい、見ているだけの私は、運動不足が気になってきました。

冬の運動不足&産後太り解消、はりきりすぎて…

寒くなってきて、産後いったん戻った体重も逆戻り気味。なにしろ2人目の出産後は、確実に体型が崩れていて、ここで何とかしないと、今後はもう簡単には戻らないこわーい予感が。

産後の運動といえば、これまで、リフレッシュするためのヨガやウォーキングで満足していた私でした。しかし、今回は少し気合を入れて、とあるエクササイズプログラムに挑戦してみることにしました。

もともと体を動かすことは苦手な方ではないのですが、いざ始めると、体幹を鍛えるこのプログラムは想像以上につらい!衰えた体に鞭を打つように、なんとか続けていったのですが…。

3歳長女も1歳半長男も一緒にヨガ
▲3歳長女も1歳半長男も、ヨガのポーズを上手に真似します。でもきわどいポーズの時に飛び乗ってきたり、お腹の下にもぐりこんできたり、また相手にしてもらえないのが嫌でぐずることもあって、子どもがいる時にヨガに集中するのは正直、困難。

まずは予想どおり、最初の2日間は筋肉痛に苦しみました。ところが3日目には、原因不明の体調不良に陥ってしまったのです。風邪かな?でもなぜか胃腸が弱っている感じもする。ヨガにたまにある好転反応とか…?

つらくて半日寝込んでしまうほどでした。もちろん、エクササイズは(早速)一時休止。寝不足も続いていたので、疲れた体が驚いてしまったような感じでした。そんなにハードな運動したわけではないのに、なんとも情けない。

授乳中のママ、貧血には要注意です!

体を休めたら気分はよくなったので、後日エクササイズをゆっくりと再開したのですが、今度はあれれ、ふらり…これはまさか貧血?もともと私、血液中のヘモグロビン値が低めで、検査の度に注意されてきたのですが、この度の運動ですっかり貧血状態になってしまったのです。

一日中疲れやすくなり、下の子の授乳も続けていたので、夜の授乳後にはいつもに増して生気を吸い取られたように、ぐったり。疲れてるのに、夜はなぜか頻繁に起きてしまって、寝つきも悪い。

困った〜鉄分摂らなきゃ〜。

そろそろ卒乳も考えているけどね…
▲そろそろ卒乳も考えているけどね…

ノバスコシアオーガニックスにヘルプ!

それなりに鉄分を意識した食事を心がけていたつもりだけど、出ていくほうが多かったようです。そこで、最近やめていたサプリメントを飲むことにしました。

もちろんサプリメントは、ノバスコシアオーガニックス!

購入したサプリメント2点は、「鉄分+ビタミンC ベジ鉄ブレンド」と「マルチビタミン&ミネラル フォーママ」

さらに今回は、運動を始めたこともあり、「オーガニックプロテイン カカオ&メープル」も購入してみました。 >鉄分+ビタミンC ベジ鉄ブレンド >マルチビタミン&ミネラル フォーママ >オーガニックプロテイン カカオ&メープル

カカオや玄米、エンドウ豆、チアシードといった植物由来のプロテイン。これ、プロテインパウダーなのに美味しいと評判だったので、ずっと興味があったのです。ワクワク。

オーツミルクや豆乳に溶かして飲んでみると、本当においし〜い!好みの味!
プロテインは、運動後の疲れた筋肉の回復に効果的だそうで、今日は特に頑張った〜という時に、ご褒美のように飲んでいます。

オーガニックプロテイン カカオ&メープル
▲カカオベースの味で、メープルとデーツの程よい甘さが飲みやすい!普段はミルクに溶かすだけで飲んでいますが、この日はココナッツとチアシードをトッピング。

健康的でしなやかな体を目指して

毎日のサプリメントとご褒美プロテインのおかげで、体力もヘモグロビン値もアップしてきたようです。今では体幹エクササイズに加えて、1度目の妊娠時以来、ご無沙汰だったジョギングも再開できて、体も気持ちも軽やかになりました。

体の重量が軽やかになるまでは、もう少し時間がかかりそうですが…でも、3月も後半に入り、モントリオールの長い冬もようやく終わりそう。また子どもたちと公園に足繁く通うようになったら、体を動かす機会ももっと増えて、なんとかなるはず?

とにかく、はしゃぎ盛りの幼児たちとの毎日には体力が必要!適度に鍛えて補って、カナダの冬を楽しく乗り切りたいものです。

オーガニックプロテイン カカオ&メープル
▲市内の公園では、雪山だけでなく、雪道を凍らせてスケートリンクが作られるところも多く、老若男女みんな気軽に楽しんでいます。ベビーカーを押しながら赤ちゃんと滑っている人もいたり、気持ちよさそう!次の冬には、さらに成長した子どもたちと一緒に挑戦してみたいな〜
”産前・産後”におすすめの製品
産前から産後の体と心のために。
「マルチビタミン&ミネラル フォーママ」
大切な時期に、口に入るものを意識するママ達は多いものの、沢山の必須栄養素をバランスよく取るのは難しいですよね。
日本では妊娠中にとる事が推奨される栄養素は、葉酸が有名ですが、カナダではビタミンとミネラルをバランスよくとる事が推奨されています。
カレーリーフやショウガをはじめ、19種類のビタミンミネラルを補うハーブブレンドで、産前と産後の張り詰めた気持ちと体を穏やかにサポートします。
疲れやすい、寝つきが悪い時。手軽に鉄分補給!
「鉄分+ビタミンC ベジ鉄ブレンド」
食事だけでは補うのが難しい鉄分は、不足すると様々な症状を引き起こします。鉄分+ビタミンC ベジ鉄ブレンドは、東洋の伝統的なハーブ カレーリーフの濃縮エキスから、植物性の良質な非ヘム鉄を手軽なタブレットで簡単に補えます。また腸内でより吸収が高まるよう、アセロラのビタミンCがブレンドされています。
産前・産後に必要なたんぱく質を!
「オーガニックプロテイン カカオ&メープル」
産前・産後・授乳中の体に特に不足がちな栄養素がたんぱく質です。
添加物がないナチュラルなプロテインなので、授乳中にも安心して飲んでいただけます。忙しいママも美味しく手軽に体調管理と産後の健康的なダイエットにも◎

midoriさん

midoriさん プロフィール

ノバスコシアオーガニックスは、USDA(米国農務省)認証オーガニックまたJASオーガニックの製造基準に則り、ハーブ製品をつくっています。

私たちが大切にしていること

一貫したオーガニックへのこだわり

簡単シンプルな2ステップ

自分に合ったサプリメントの選び方