創立者の想い

ノバスコシアオーガニックスの物語

始まりは、一人の女性の小さなキッチンから

ノバスコシアオーガニックスは、世界トップクラスの品質の製品、革新的な製品開発、最先端の製造施設で、自然製品業界をリードするハーブサプリメントのパイオニアです。
1993年、カナダの東部にあるノバスコシア州で生まれました。

「自然が分け与えてくれる植物成分こそ、愛情に満ちたサプリメントである」
という信念と、品質に対する独自の哲学をもって、商品開発を行っています。

その高い品質を支えているのは、オーガニック認証を受けた原材料と自然豊かな環境にある最先端施設。
最高の技術で認定オーガニックの自然食品とハーブ製品を製造・流通させるため、世界中のみなさんに可能な限り最も栄養の凝縮された自然健康製品を提供しています。

「自然の純粋さと最先端の技術の融合」を製品づくりの原点として生み出されるラインナップは、
カナダ、アメリカ、日本を中心に世界でオーガニックの選択肢を広げつづけています。

■アメリカ(NOP)、カナダ(COS)、ヨーロッパ(EU)、または日本(JAS)で有機認証を受けた原材料だけを使用。
■できる限り野生種の原材料を使用。
■人工香料、着色料、保存料、酸化防止剤不使用。
■遺伝子組み換えの原材料は使わない。
■フリーズドライ加工、低温処理加工で栄養を逃さない。
■動物実験を伴う研究や実験は一切行ないません。

ナンシーの想い
”オーガニックとは、
商品を売るための飾り文句ではなく、生き方そのもの”

ナンシー・スミサーズ
Nancy Smithers
ノバスコシアオーガニックス創立者/
NNS Organics Limited 代表取締役

代々ノバスコシアの地に根付き、その土地のハーブや薬用植物に深い思いを抱いてきたナンシー・スミサーズ。

彼女がノバスコシアオーガニックスを創業するまでは、質の高いオーガニック商品を提供する企業は今以上に少なかったそうです。

大学で自然健康学を学んだ彼女は、ハーバリストの友人の力を借りながらノバスコシアの雄大な自然をくまなく歩き回りました。

手に入れたハーブでまず作ったのが、ハーブをアルコールに漬けて成分を抽出したティンクチャー(チンキ)でした。

彼女の創作の場は大西洋に面した自宅のキッチン。

「ハーブやオイルでそこらじゅうが汚れて、とても見せられたものじゃなかったわ」とナンシーは当時を振り返ります。

そうして始まったナンシーの情熱は、ノバスコシアオーガニックスブランドへと着実に歩を進めていきました。

それに伴い、創作の場は小さなキッチンから巨大な製造施設へ。

オーガニック食品の製造加工が認可されたこの施設で、最高純度のオーガニックサプリメントが日々生み出されているのです。

ナンシーは企業家として、またハーブやオーガニックの専門家として、ノバスコシアオーガニックスの商品だけでなく、オーガニックそのものの普及にこの25年間を費やしてきました。

彼女にとってオーガニックとは、商品を売るための飾り文句ではなく、生き方そのもの。
そしてそれこそが、ノバスコシアオーガニックスが選ばれつづける理由なのではないでしょうか。

ナンシーはこれまで大学と協力し、オーガニック療法の有効性についての研究も行ってきました。

自然健康食品における経営諮問委員会にも所属し、その発展に身を捧げています。

また聖メアリーズ大学から民法の名誉博士号を授与されたナンシーは、企業家として、学術研究の代弁者として、そしてオーガニック農法や商品のリーダーとして、カナダ全土で称賛されています。

彼女とともに働いたことがある人はみな、彼女のオーガニックや植物、ハーブに関する歩く辞書のような知識に驚かされますが、施設にあるすべての機械を縦横無尽に操作する彼女の姿にはもっと驚かされるそうです。

そんな誰よりも怖いもの知らずで情熱的な彼女の願いは、世界中の人々が健康であること。
その思いが彼女を突き動かし、今のノバスコシアオーガニックスがあるのです。

  • Copyright © 2018 Naturally Nova Scotia Health Products Japan Ltd. All rights reserved.